輝き続ける。

錦戸担の拙いブログ

りさいたるの話。

リサイタルに行けない悲しさに、昨日リサイタルが地元で開催されるという夢まで見てしまった私ですどうもww


リサイタルについての話なんですがね、私は行ってないのでレポも何も書けることがないので、
代わり…じゃないですけど
はてなブロガーさんのリサイタルの感想についてちょっと一言書きたいと思います。


まず、私が経験した話から始まるんですが
ちょうど1年程前、東京と大阪で10周年の記念コンサート、十祭が開催されました。

ファンになって日は浅かったけど、行きたかったので友達と協力して応募しました。
その結果、私と友達の両方が当たりました。

最初はお金のことを心配しながらも、純粋に両日行ける喜びを噛み締めていました。
しかし、長年ファンだった人の行きたかったというツイートを見る度にファン歴の浅い私なんかが行ってもいいのかな?という思いが湧いてきました。

結局両日とも行ったんですが、

私はこんなに行きたくても行けなかった人が居るんだから、精いっぱい楽しもうという気持ちで行きました。

エイトの10年間の挨拶の時は、10年分のエイトの気持ちは新規の私には抱え切れなくて、ちょっと切なくなりましたが凄く楽しかったです。全力で楽しみました。


ここからが本題です。

リサイタルはチケット当たった人が堂々と行けばいいと思います。
当選したという喜びのツイートも全然良いと思います。

でもこれだけ行きたくても行けなかった人が居るコンサートで"楽しめなかった"とは言って欲しくないのです。
それもまだ開催されている途中に。


百歩譲って、行けなかったファンの人を思って"楽しめなかった"と思うのは仕方ないと思います。
ですが、それをわざわざ誰でも見られるブログに書くというのは行けなかった人を逆に傷つけていると、私は思います。

折角当たったのだったらチケット貰えたのだったら、精いっぱい楽しんできて欲しかったです。
私なら全力で楽しんできます。



リサイタルについての私の気持ちでした。
個人的なはなしを最後まで読んでくださってありがとうございました。(*_ _)